「手打ち蕎麦 かね井」で、ゆったりとした時を過ごす

ミシュランの「ビブグルマン」として掲載されていて、行列のできる「手打ち蕎麦 かね井」

こちらは、「船岡温泉」のすぐ近くにあり、京都でいうとかなり北の鞍馬口通沿いにあります。

観光地から少し離れていますが、観光客の方たちでいつも行列ができているそうです。

並ぶのが大嫌いな京都人としては、気にはなるものの足が遠のいてしまうお店です。

コロナの影響で自粛されていましたが、4名以内なら入店OKとなったので、「今なら空いてるかも!」ということで行ってきました。

京都で美味しいお蕎麦をいただくのは難しい…かも

京都の人はあまり「お蕎麦」をいただきません。

どちらかといえば「おうどん」好きな京都人。

私も子供の頃はお蕎麦が嫌いで「年越し蕎麦」を「年越しうどん」にしていました。

今も、どちらかと言えばというか「うどん」が好きです。

というのは…京都にはあまりお蕎麦屋さんがありません。

美味しいお蕎麦屋さんとなると、もっと少ないかも…

お蕎麦で有名なのは「本家尾張屋」です。

こちらは1465年創業の老舗です。

元々は、お菓子屋さんなので「そば餅」や「蕎麦ぼうる」なども販売されています。

よくよく考えると…蕎麦って「お菓子」としての方がよく見かけるかも…

「かね井」の石臼で挽いたお蕎麦はひと味違います

12時少し前にお店に行くと、入口は全開されていてオープンな感じです。

店内も、テーブル1つに1名のお客さんが2名だけ。

並ぶことなく、すぐに入れました。

席につくと、「そば茶」と「揚げ蕎麦」がきます。

こちらはお酒も色々あるので、昼からお酒!とも思ってしまいます…が、今回はお蕎麦を味わうのが目的です。

お店の方にオススメを伺うと「ざるそば」ということでした。

冷たいほうが、お蕎麦の味を味わえるということで「ざるそば」と「荒挽きそば」を頼みました。

まず「ざるそば」がきました。

本わさびと鮫皮のわさび卸が一緒にくるので、自身で卸してお蕎麦につけていただきます。

驚きの細さ!!でも、しっかりとした歯ごたえです。

 

「荒挽きそば」は、「ざるそば」よりは太めです。

こちらは、一緒に来る「お塩」をお箸の先につけていただくそうです。

最後に「蕎麦湯」がきます。

あまりお蕎麦を頂いたことがないので、どれくらい「蕎麦湯」を入れていいのか?

こちらのお店は、1999年12月に民家を改造してオープンしたらしいです。

天井などを見ていると、昔は機織りがあったのでは…と思うような造りになっています。

お手洗いには絹糸が飾られ、天井は機で使う「ジャガード紙」っていんですかね…が貼られていました。

西陣の外れにあるから、昔は機織りをされていたのかも…と思いました。

その後も、地元の方たちが少しお見えになりましたが、とっても静かで穏やかな時が流れていきます。

風が心地よくって、美味しいお蕎麦と素敵な雰囲気で幸せな気分になれました。

手打ち蕎麦 かね井
京都市北区鞍馬口通智恵光院南東角紫野東藤ノ森町11-1
電話番号 075-441-8283
営業時間 11:30~14:30、17:00~19:00
定休日  月曜日

 

関連記事一覧

PAGE TOP